こまゆきの部屋

0歳娘の育児ネタなどをまったりと。

アカチャンホンポ 1歳の誕生日会に行ってきたこと


少し前ですが、アカチャンホンポの「1歳のおたんじょうび会」に行ってきた時のことです。

 

予約は噂どおりの激戦でしたが、この回は比較的、定員になるまでに余裕があったのか(それでも1分ほどの差かと思われますが;)本当に運よく予約が取れました。

時期的に娘の体調も心配でしたが、無事に元気で参加できてよかったです。

夫も休みを取って参加してくれました。

 

イベントは店内に敷かれたマットの上で行われました。

全部で30分間ほどだったので、赤ちゃんの持久力的にもちょうどよかったです。

時間近くになると続々と集まってくる赤ちゃんたち。

 

冬本番でしたが店内は暖かかったので、他の子が全員裸足だったのを見て、娘もさっそく履いてた靴下をスポン!

家では裸足なので嬉しい雰囲気です。

 

子供の名前が印刷された名札を作ってもらってました。

娘の背中にペタリ。

f:id:kmyk:20190218141859j:plain

 

プログラム 

まず一人ずつ赤ちゃんの紹介。

「名前、誕生日、最近できるようになったこと」を言いました。

バイバイできるようになったとか、一人でたっちできるとか、そういう子が多かったです。

紹介のあとはハッピーバースデーの歌をみんなで合唱。

 

ビスコ取り 

バースデーケーキ(模型)の上のビスコ取り。

スタッフさんがケーキを傾けてビスコを取りやすいようにしてくれました。

ビスコ…分かるかな…?最初ビスコに気づかず、特大ケーキをガン見。 

 

娘、初めてのものには警戒心が強く、ビスコに気づくも手を出せず。

指差しで誘導したり声かけして、ゆっくり取ることに成功。

初ビスコだったからね。よかったね…!

(写真ブレまくったけど)

f:id:kmyk:20190222171142j:plain

ちなみに、ビスコってもう食べさせてもいいのかな?と思い

グリコの公式サイトを見たら

『ビスコはお子様にかわいい歯が生えてきた頃からお召し上がりいただけます』

とのことでしたのでOKですね!

帰ってから小さく割ってあげたらめちゃ食いつきよかったです。

ビスコ美味しいよね。

 

選び取り 

将来を占う選び取り。これは楽しみな行事の一つでした。

赤ちゃんが選ぶものによって

「筆は物書き、電卓は商人、お札はお金持ち、マイクはアイドル」

…になるかも?だそうです。

 

娘、これまた警戒して手を出さず、隣にいた夫に抱っこを求める。

そこで選びやすいように近くに置き直してみたところ、それでも警戒し、

置かれてるものを気にして目を向けるも、やはり抱っこを…求める…

これはもしかして難しいか?と思いかけたとき、ゆっくりとマイクを取った…!

アイドル…難しいけど頑張れ!

 

まぁでも、一番おもちゃっぽい見た目してるし気になったよね。

f:id:kmyk:20190214124949j:plain

 

一升餅 

これも楽しみだった一升餅かつぎ。

恥ずかしながら娘が成長するまで選び取りも一升餅も知りませんでした。

一升餅は「一生(一升)健康でいられるように、食べ物に困らないように」

とのお祝いなのですね。

 

一升餅は約2kgとのことです。

ここではエプロンを身につけ、お腹と背中のポケットにひとつずつ餅を入れ、2個合わせて一升にしてありました。

重いのが不安な場合は1個だけでもOKだそうです。

まず親に餅を持たせてもらったのですが、これが意外と重くて驚き。

甘えたの娘は大丈夫かいな…?

でもせっかくなので、2個かついでもらうことに。

 

餅をかつぎ、

スタッフさんの元からスタートして、少し離れた親のところまで進んでもらいます。

 

娘、かついだ辺りからギャン泣き開始!

涙をポロポロ流し顔を真っ赤にしながらうろたえる。

重かったのか疲れてたのか両方なのか。

それでもなんとかハイハイして私たちのところまで来てくれました。

f:id:kmyk:20190222171144j:plain

ここまでくると他の子も大泣きしてる子がいました。

もちろん、参加が難しそうだったらその後は見ているだけでも全然大丈夫でした。

みんな頑張った…!

 

最後は自分のカメラで親子の記念撮影をして頂いて、解散。

他の子とも触れ合えたし楽しい思い出になりました。

お土産もたくさん頂けました。

一緒にもらったバースデーカードには、子供の名前と、選び取りで何を選んだか(将来何になるか)を書いてくださってました。

カードは「ぜひアルバムに加えて今日の記念にしてください」とのことです。

f:id:kmyk:20190222171357j:plain

 

お昼寝時間と重なっていたのもあり娘はお疲れ。

帰ると、眠いはずなのに疲れすぎて熟睡できないという状況に。

フエフエと頑張るも浅い眠りのまま30分ほどで起きてしまいました。

頑張ったね…!

きっといい経験になっただろうと思うし、親としても素敵な記念になりました。