こまゆきの部屋

0歳娘の育児ネタなどをまったりと。

実家の固定電話を解約した話


私と妹が結婚し次々に実家を出ることになり、家族で話題にのぼったのが

「実家で使ってる光通信をどうするか」でした。

実家でPCを使う人はいなくなる上、親は携帯でネットをよく使うタイプではありません。

月に合計5000円ほどかかっている光通信料金がもったいなくなるな、と思いました。

 

妹と親と私の三人で話し合った結果

「実家の通信環境を抜本的に見直す」ことになりました。

実家のネット回線を解約したところ、関連する諸々の固定費の削減にもなりました。

 

本題の固定電話を解約するところにいくまでが長くて申し訳ないのですが、

以下に実際行ったことを紹介します。

 

f:id:kmyk:20190208143345j:plain

 

1.実家の光回線を解約 

実家でPCを使う人がいなくなり、ネットは親の携帯のみでの使用に。

ここで、長らくお世話になってきた光通信回線を解約することにしました。

 

もし娘が大きくなって、帰省の際にwi-fi環境を欲しがったら…?

ともちょっと考えましたが、実家へは距離的に、多くても年に1~2回ほどしか帰れない環境です。

距離的に帰りづらくなるのは妹も同じ。(むしろ我が家からより遠い)

 

なので使用頻度を考え、実家の固定費の削減を優先することにしました。

 

利用料の変化 

プロバイダ代を含む光通信料金 約4700円/月 がかからなくなることに。

(光電話代は含まず)

 

2.母にスマホを購入&格安SIMを契約 

母はその頃ガラケーを使っており、スマホを欲しがっていました。

これを機に、携帯をスマホにして、格安SIMを契約すれば固定費の削減にもなるのでは?と妹と考えました。

格安SIMはすでに私も妹も使っていたので、契約にあたっての姉妹でのやりとりはスムーズでした。

当時まだ実家にいた妹に協力してもらいながら、スマホ購入とともにSIMを契約。

スマホ本体は、妹から母へのプレゼントだそうです。すごい!すごすぎるよ…!

 

ちなみにSIM会社は、妹が契約していたところと同じ「LINEモバイル」です。

もし分からないことがあっても、同じプランを契約してる妹に聞けば分かりますし、私も他社の格安SIM(UQモバイル)を使っているので何かあれば聞いてもらえます。

 

LINEモバイルは「LINEアプリ」内の通信であれば、契約したデータ量が減りません。

画像でも動画でも、ビデオ通話もデータ量を気にせずにやりとりできます。

(ただし画像等をLINEアプリから端末へダウンロードするのにはデータ量を使います。データを使い切ると低速になります)

 

私の娘とビデオ通話をつないであげると、親めちゃめちゃ喜んでくれるので、このシステムはとても嬉しかったです。

 

【問題点1】 

長年大手キャリアを利用してた母としては、SIM会社に実店舗がないことを不安がっていた様子でした。

この点については、以下を説明しました。

 

  • 基本的にはまず私たちに聞いてもらって大丈夫
  • 店舗がなくてもサポートは受けられる(私自身がUQモバイルで親切な電話サポート、メールサポートを受けたことがある)
  • もし実店舗経由のサポートがよければ、取り扱いのある家電量販店もある
  • 店舗がない会社でも質問にはすぐ答えてくれるし、店舗がある会社でも有事の際は本体送りや部品取り寄せになることもある(窓口が店舗スタッフ対面かそうでないかの違い)

  

母から納得がいくまで質問をうけました。

最終的には、私たちからのサポートもあることも含め、安心して契約を決めたようでした。

念願のスマホを使えるようになるととても嬉しそうでした。

 

【問題点2】 

親のスマホのサポートをどうするか。

通信会社からのサポートがあるとしても、分からないことを私たち娘に気軽に聞ける環境も必要だと考えました。

スマホを何年も使っている私たちですら、細かい設定など分からないことは随時出てくるくらいなので…。

すでに実家を出ている私に加え、妹が実家を出たら、対面で教えられる人がいなくなります。

これには以下のようにしました。

 

  • 妹が実家を出るまでの間に、スマホの基本操作を教えてもらった
  • 分からないことが出てきたら画面のスクリーンショットを送ってもらえるようにした(私たちがサポートしやすいようにした)
  • 親と妹と私の三人のLINEグループを作り、いつでも連絡を取り合えるようにした
  • もしデータ量が足りなくなれば、妹からデータを分け与えてもらえるようにした(妹の新居はwi-fiありのためデータ量に余裕あり)
  • 最初しばらくは毎月の請求額をよく見てもらい、万が一多い請求があれば教えてもらうよう頼んだ(解約と契約が色々重なるので念のため)

 

利用料の変化 

ガラケーの頃は写真などの受信で月5000円ほどになっていたそうですが、

格安SIMのスマホにすることで月1200円に。

  

3.実家の固定電話を解約 

ここでやっと今回の本題なのですが、実家の固定電話をなくしました。

(実際には光回線解約と同時に行いました)

 

今まで、固定電話の料金は月500円くらいだと思っていたのですが、それは光通信回線とセットの「光電話」の料金だと分かりました。

今回光通信を解約すると、実家の電話は「アナログ電話」に戻ることになり、工事が必要です。

さらに、固定電話のみの契約になるので、その場合の利用料は月2000円ほどになることが分かりました。

 

親に「固定電話って今使ってるの?」と聞くと

「勧誘の電話がいっぱいかかってくるのと、たまにじいちゃんばあちゃんに連絡するくらい」とのこと。

この答えは、以前親戚と話したことのある内容と同じでした。

「イエデンってもうほぼ勧誘とかしかかかってこない」と親戚が話してたのを思い出します。

 

祖父と祖母への発信も、訪問のアポを取ったりお礼を伝えたりするのが主で、長話しするほどでもないとのこと。

車で家を行き来できる距離のため、電話で長時間話すことは普段ありません。

その用途に月2000円かかるようになるのは高いかもなぁと感じたのと、

今回契約したSIMのプランなら通話(発信)を1.5時間しないとかからない計算です。

もし1.5時間を越えたとしても、30秒10円で通話できます。

 

それに、一番長く話す私たちとの通話は、LINEを使ってるので0円。

 

そこで、親に「思い切って固定電話をなくしてみる?」と妹と提案しました。

すると親は「ちょっと考えさせて」と。

私たち娘の感覚では、固定電話を持たないことに抵抗は感じませんが、親にとっては勇気のいることのようでした。

その気持ちもとても分かります。私がもし親と全く同じ立ち位置だったら、同じように躊躇するかもしれないと思います。

 

でも、もし周りの友人に「うち固定電話なくしたんだ~使ってなくて」と言われたらと想像してみたら…?

「そうなんだ、いいね!」と思うよな。と気づきました。

本人がそっちの方がいいと思ってそうしたはずなんだろうし、

固定電話を使ってない上に、他の通話手段があるのであれば、周りの人にとっても基本は関係がないはずですからね。

 

少し待ったあと、親もやはり固定電話を使っていないことを考え、解約することを決めました。

 

利用料の変化 

今までは光通信とセットの場合の利用料だったので、

電話代だけ切り取ると月525円でした。

それがかからなくなることに。

 

その後はどうか? 

上記の運用開始から約半年たったので、母にその後はどうかを連絡。

「固定電話なくしてみてどう?不便ない?」と聞いてみると、

「今のところなにも問題ない。月の固定費めっちゃ下がった」とのことでした。

 

おそらく大丈夫だろうと思ってすすめましたが、本人からも大丈夫だと聞けて一安心です。

「思い切るまではとても勇気のいることだけど、やってみたら意外と大丈夫だった」

というこの感覚は断捨離に近いかもしれないなと思いました。

 

私も実家を出る間際のころは、固定電話によくかかってくるのはセールスの電話が主になっていました。

何度も電話を取りましたが、対応に時間を取られるのも、受け答えに気を使うのも結構大変です。

費用の面でも、精神面でも、親の暮らしが少しでもよくなれば私たちも嬉しいです。

 ※ちなみに父は使い慣れたガラケーを使用中

 

あくまでうちの実家での話になるので、電話の使い方はそれぞれのお家で全く違うとは思います。

こんなことしてみたよということで今回紹介させていただきました。

 

もしスマホの買い替えが必要になったら、その時も妹と連携して母をサポートしようと思います!