こまゆきの部屋

0歳娘の育児ネタなどをまったりと。

年の瀬が近づくと思い出すガレット・デ・ロワ


f:id:kmyk:20181119201939j:plain

去年の暮れごろ出会った思い出深いスイーツが、ガレット・デ・ロワというパイのケーキです。

フランスの新年のお菓子で、中に入ったフェーヴ(陶器の人形)が当たった人はその日一日王様になれるとのこと。

日本でも色々なお店で年末年始に販売しています。

 

娘を産む直前、最後の妊婦検診の前に車でパン屋のドンクに寄り、ガレット・デ・ロワを購入しました。

サクサクで香ばしくてとっても美味しかったです。


今年1月に購入したときの写真です。

f:id:kmyk:20181119211533j:plain

他店でもこのように葉っぱの模様が描かれてることが多いようです。

 

f:id:kmyk:20181119211553j:plain

中身はしっとりしたアーモンドクリーム!アーモンドのいい香りがします。

 

f:id:kmyk:20181119205952j:plain

フェーヴは別添でついてきます。

ドンクのフェーヴは切手デザインで、毎年デザインが変わるようです。

上に見えているのはフェーヴが当たった人がかぶる紙製の王冠。デザイン可愛い。

 


f:id:kmyk:20181119205229j:plain

ローソンのウチカフェスイーツでもクリスマス過ぎごろから売られていました。

これは去年の年末ごろ買った時の写真です。写真の通り、ちゃんと王冠つき!

1人~2人でも食べやすいサイズです。

フェーヴの代わりに、どこかにアーモンド一粒入り。

 

昨年末~今年の年始はフジパンでもガレット・デ・ロワの名前で菓子パンが出ていました。美味しかったです~。

1ピース売りですが、一粒アーモンド入りです!

菓子パンではタカキベーカリーからも出ていたみたいだけど、うちの近所では見つけられませんでした。いつか出会いたいです。

 

ガレット・デ・ロワは色んなお店で年末年始に売られるようなので、また食べたいなと思っています。

娘には今年は難しいけど、将来は一緒に食べてフェーヴを当ててもらい、王冠をかぶってもらいたいですね。

喜んでくれるんじゃないかなと今からニヤニヤします。